FC2ブログ

ウサギの臼歯処置 麻酔? 無麻酔?

2011.11.28.16:53

今日はウサギさんの臼歯の処置(奥歯の処置)について簡単に

ウサギさんと生活されている方はよくご存じかと思いますが、ウサギさんの歯の病気の1つに臼歯の不正咬合という病気があります。

この疾患に直面した場合、歯の処置が必要になってきます。
伸びすぎている部分を歯科用の器具・器材を用いて削る必要があるのです。

うさぎさんの口の中は狭いですし、処置中に口をもごもご動かしてしまうので、全身麻酔が必要になってきます。
麻酔下であれば視野を広く確保できますし、無麻酔下では確認できなかった舌や粘膜の損傷、他の臼歯の疾患を見逃す確率が低くなるからです。

常は臼歯の不正咬合の検査・治療は麻酔下で行うのが確実なのです。

もちろん顔回りの触診も必要ですし、レントゲンで歯根部の評価なども合わせて行います。


しかし比較的手前の臼歯(奥歯)の処置・全身状態が悪く麻酔不適応の子・血液検査で腎機能・肝機能に問題のあった子などは無麻酔化での処置を行うことがあります。


しかしその場合は、無麻酔下では他の臼歯の疾患や舌や粘膜の損傷など見逃す確率が麻酔下と比べて高いというデメリットをインフォームした上で行っております。


いずれの場合も飼い主様に同意を得て、検査・治療を進めていきますのでご安心ください。


いぐち動物病院(iguchi animal hospital)
うさぎ 臼歯 麻酔下 無麻酔下 浜松 中区 東区 北区 浜北区 動物病院
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ZYU~GEM

Author:ZYU~GEM
いぐち動物病院 副院長のなんでもブログへようこそ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR