FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎの流涙症2

2012.03.15.18:45

前回は鼻涙管狭窄・閉塞の病態について簡単に書かせて頂きました。

今回はその治療についてです。

鼻涙管洗浄が有効です。


涙点 縮小
上の写真の矢印の先に穴がありますが、この穴を涙点といいます。
点眼麻酔を施した後に、涙点より生理食塩水を流し鼻涙管内を洗浄します。


WS000006640-480.jpg


すると・・
鼻からポタポタと鼻涙管内を閉塞させていたモノが生理食塩水と共に排泄されます。

これにより涙を逆流させていたモノは取り除かれるので、流涙症は一旦収束します。
しかし最大の原因は歯根にあるので、流涙症の再発はたいていの場合、必至です。

結膜炎や涙嚢炎を併発している場合、消炎剤や抗生剤の点眼を処方します。


処置の後は、根本的な歯牙疾患の治療や食事内容の変更について飼い主様に時間をかけてお話しします。




関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

2013.01.18.07:17

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

2013.03.04.04:45

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ZYU~GEM

Author:ZYU~GEM
いぐち動物病院 副院長のなんでもブログへようこそ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。